あなたが海外で働くのを手助けする総合情報サイト

>

国選びから資格まであなたの海外での就職を全面サポート

アメリカの国際資格

ビジネス方面で役に立つアメリカの資格というとMBAを思い浮かべる人が多いですね。組織の管理業務をやるのではない場合には、MBAよりも次のような資格のほうが重宝されるようです。

*米国公認会計士(U.S.Certified Public Accountant,U.S.CPA):試験に合格すると、アメリカの各州が認定する公認会計士のライセンスを取得することができます。当然英語で試験がなされますから、この資格があるということは英語力の証明にもなりますね。*米国税理士(Enrolled Agent, EA):アメリカの内国歳入庁が認可する税理士免許です。試験は英語でなされますから、税務の知識を証明するとともに英語力の証明にもなります。*米国公認管理会計士(U.S.Certified Management Accountant,U.S.CMA):管理会計に関する専門知識を認定する資格です。

日本主宰の国際資格も見ておきましょう

日本が主催するといってもローカルなものではなくて国際的に通用するものです。

*公認内部監査人(Certified Internal Auditor,CIA):内部監査人の能力を証明する国際的な資格です。世界の190の地域で試験が行われます。*内部統制評価指導士(The Certification in Control Self-Assessment,CCSA):一般社団法人日本内部監査協会が主催している資格です。*CFA(Charted Financial Analyst):経済、産業の動向を調査分析して、株式や債券の価格を評価する専門家の資格ですね。*国際会計検定(Bookkeeping and Accounting test for International Communication,BATIC):英語による会計能力の判定試験。東京商工会議所の主催です。


この記事をシェアする